トーイツ

百年の桧 豪の桧強の桧

トーイツは様々な設備を取り扱っています。

トーイツでは各メーカーの最新の設備を取り扱っています。

ご要望、ライフスタイル、ご予算に応じ、適切な設備をご提案します。

またそれらの設備の設置もうけたまわっています。

これから新築やリフォームをお考えの皆様も、建築業者のプロの皆様も、お気軽にお問い合わせください。

ご希望により施主様向け総合仕様ブックを作成します。

お施主様、あるいは工務店様、不動産関係業者様のご希望により、外装、内装、設備の総合的なまとまった仕様ブックを作成します。

使用する設備等の特長を、わかりやすく解説します。

仕様ブックは原則A4で差し込み可能なブックとなります。

詳細はお問い合わせください。見本をご覧いただけます。

それぞれの使用メーカー設備の特長等をまとめた施主様向け仕様ブック例

 

システムキッチン

コンロ

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、安全・安心です。
特に小さなお子様や、ご年配への配慮の必要な場合は、特におすすめです。
安全性・簡単さバツグンです。

ガスコンロ

最近のガスコンロも清掃はとても簡単になりました。
また安全面の配慮もしっかりとされています。

シンク

現在のシンクは、有効面積が広くつくられています。
また排水部もつなぎ目をなくしたりの工夫で、お手入れが簡単なものが多くなりました。
ご家族の人数や、クッキングスタイルを考慮し、できれば実際にショールームでそのサイズ感を確かめることをおすすめします。

水栓

もっとも使用する作業をもとにお選びいただくと、間違いがありません。

一体型シャワー混合水栓が一般的ですがその他の水栓をお選びいただくことも可能です。
蛇口が振れる角度や、届く長さ、シンクとの高さなど、こだわりのある方はチェックすることをおすすめします。

カウンター

一般的にはステンレスカウンターと人造大理石カウンターです。そのほかに御影石や大理石などの石材カウンターや無垢木材や、集成材の木材カウンターがあります。

ステンレスカウンター

耐水性・耐熱性にすぐれ、さらに雑菌に強いという機能面からは最適なカウンターです。
現在では手垢や指紋の付きにくい加工を施されたカウンターもあります。

人造大理石カウンター

最近ではより天然石に近い色・柄のものやガラスに近い透明感のあるものなど、デザイン性があるものがでています。
ステンレスカウンターに比べ、割高なことが多いのですが、リビングルームと一体となった、キッチンスペースにシステムキッチンを設置する場合、インテリア感を考えたとき、人造大理石カウンターを選ばれる方も多くいらしゃります。
熱い鍋などを置くときは、注意が必要な場合があります。

木質カウンター

集成材のもと無垢材のカウンターがあります。
オーダーメイドになりますのでこすとは少し割高になります。無垢板の場合は選択に期間がかかる場合もあります。しかし見事な室内空間を演出します。
木質カウンターでは耐水や耐熱を高めるため、ウレタン系の塗装を表面に十分に施します。(木材の美しさを十分に引き出したいときは、自然塗料を用いますが、少なくとも2年に一度のメンテナンスが必要となります。)
トーイツでは天然無垢ヒノキ材をはじめ国産無垢材を使ったカウンターをおすすめしています。

フード

清掃で悩まれている方も多いのではないでしょうか。
そこでフィルターのない、簡単ふき取りのフードもおすすめです。
フィルターがないので、油による目詰まりの心配もなく、吸い込む力も落ちません。

収納

クッキングスタイルによって、引き出しタイプ、扉タイプ、など様々なヴァリエーションからお選びください。
最新のキャビネットは、収納力が大変アップしています。

 

 

 

現在のシンクは、有効面積が広く手入れが楽

 

 

 

無垢木材カウンター

 

お手入れ簡単フード

 

たっぷり収納

無垢木材カウンター(タモ材)

バスルーム

簡単清掃バスタブおすすめ

有機ガラス系人造大理石などなめらか仕上げのバスタブ。
汚れをはじくはっ水・はつ油成分を配合した素材は傷もつきにくくおすすめです。

かたちもシンプルなものから、デザイン性と快適性を兼ね備えた、様々な人間的アールを取り入れたバスタブまで様々なものがあります。
使用スタイルとご予算から、お選びください。

節水タイプのシャワー

大幅に節水のでき、しかも勢いたっぷりのシャワーノヅルもおすすめです。
節水しながら二酸化炭素の削減にもつながります。

床・壁面パネル・照明

滑りにくい床や汚れにくくカビもつきにくい壁面パネルがおすすめです。

カラーバリエーションもたくさんありますので、お好みの殻をチョイス。
4面を同色にせず、1面にアクセントカラーの2色選択もユニットバスのタイプによっては可能です。

照明もスタイリッシュなLED照明が装備されているユニットバスもあります。

ちょっと広めのユニットバス

同じ規模のユニットバスにも、これまでより、内法(バスルームスペース)が広いタイプもおすすめです。

同じ坪タイプのバスユニットありながら、結構広く感じるものです。

滑りにくい床はおすすめです

トイレ

節水

現在、トイレの節水はかなり進んでいます。
従来型の60%を大きく超える、節水型のトイレが主流となってきています。

らくらく清掃

本体に撥水性の有機ガラス系新素材を使ったり、表面の釉薬をナノレベルにしつるつの表面を実現したり、形状(特にふち)を工夫したり、自動洗浄の仕組みを工夫したり、さまざまな、清掃が簡単なトイレが販売されています。

便器に近づくと、便器ボウル面に水道水のミストを自動でふきかけ、汚れをつきにくくするトイレもあります。

節電

便座の放熱を抑えるふたを工夫したり、センサーとの連携により、使用するときだけ、便座をあたためたり、かしこい節電トイレ、おすすめです。

快適トイレ

ふたの自動開閉はもちろん、オート脱臭機能がついていたトイレや特殊な除菌水のミストを自動で便器ボウル面にふきかけ、見えない汚れや菌まで分解・除菌するトイレもあります。

トイレカウンター

ちょっと水が使えたり、小物をさりげなく飾ったり、トイレ空間にトイレカウンターの設置もおすすめです。

*設置する条件により、設置できないこともありますので、トーイツ担当者にお気軽にご相談ください。

洗面化粧台

カウンター(洗面ボール)

ライフスタイルと使用目的によって様々なカウンターがあります。

大きくわけますと、一体型と、上にのせるタイプがあります。

現在は、すっきりとしたシンプルで高級感があるタイプが好まれています。

長い髪の洗髪を頻繁にするのであれば、深めの広々としたボールを、来客用の洗面台であれば、デザイン性を重視してみたり。

頻繁に使用する洗面カウンターには、お手入れがラクなタイプをおすすめします。

水栓

使用目的を十分に考えたうえで、お選びください。

吐水口部分が引き出せるものがよいか、お湯と水をきっちり使い分けられる水栓レバータイプがよいか、水栓も多種多様です。デザインも様々です。

カウンターの具合によって、使用できないものもありますので、事前に、十分な打ち合わせをおすすめします。

特に輸入物の水栓をお使いになる場合には、注意が必要です。

 

ミラー・キャビネット

ミラー部の収納を見せるか見せないか、くもり止めのミラーは何枚必要かなど、ご相談ください。

ボール下キャビネットスペースもl以前のものより、かなり収納力をアップしているタイプがあります。

特にミラー収納の棚の位置は可動式が多いですが、その棚位置は重要です。
毎日使用するアイテムが、簡単に収納できないなどのことがありますので、実際に、ショールームでご覧になることをおすすめします。

 

オリジナル洗面スペース

洗面ボールと水栓ユニットを既製品から選び、カウンターをはじめその他のスペースをオリジナルでデザインします。

こだわりの洗面スペースがつくれます。

右写真のカウンターは、1枚の無垢ヒノキを使用しています。無垢ヒノキのカウンターを加工し、ボールと水栓を取り付け、特殊なダウンライトを入れた、飾り棚を中央に配置しています。
またカウンター下には、同じくヒノキ材でつくられた、収納棚があります。

オリジナル洗面スペース、おすすめです。